『It’s ALIVE』のデラックス・エディションについて。国内盤は?

 

月曜日のニュース&ブログの時間です。

 

 

週末はCJも2013年に、登場したFUJIROCK 2019の撮影仕事で苗場にいました。台風の影響でゲリラ豪雨のような強烈な雨を頭に受けて、ついにカメラは水没…と言うネタは自分のブログに書きますが、そんな中、月曜日に「ラモーンズ・ファン・クラブのニュースを書かねば」という使命のために頑張って帰宅し今に至ります(笑)

 

 

さて、ラモーンズ・ファンが今、一番興味のあるネタはこれでしょう。『It’s ALIVE』発売40周年記念デラックス・エディション。SIREもじわじわ出しますね。

 

 

 

 

 

日本語のニュースにもなっているので、詳細はそちらを確認してもらうとして、気になるところは日本盤が出るのか否か?!  苗場の間に質問を日本のワーナーに投げておいたところ、以下のような返事が届いていました。

 

 

「お問い合わせの件、お調べいたしましたところ情報を持ち合わせておりませんでした。以上をご返答とさせていただきます」

これは直訳すると「日本盤のリリースの予定はございません」なのか?  (笑)。発売元はRHINO。ワーナーと関係あるんだけどね〜。

 

 

この『It's Alive』はCD4枚+アナログレコード2枚の計6枚組で8000セット限定。9月20日にヨーロッパ盤かUSA盤かをゲットしてください。また近づいたらここでお知らせします。RHINOからはこの調子で『Subterranean jungle』までリリースされるのかな? このシリーズ、全部集めているコレクターいますか?  私はコレクターではないので全部じゃない… でもこれは欲しいです。発売を記念して未発表音源も聴けます。こちら。1977年12月28日英ウォリックシャー公演の未発表ライヴ・アルバムだそう。きっとこのツアー、ライヴ収録を各地でおこなったんだろうね。ということは1977年の音源はまだあるのかな?

 


このシリーズ、嬉しいけど、むしろ後期の方もリリースして欲しい。太平洋を超えて、かなりぐいぐい調べているんだけど、権利がどこにあるのかさっぱりわかりません。

 

 

ところで、この『It’s ALIVE』というタイトルもホラー映画からつけられたというのはご存知でしたか?  この映画、有名な『ローズのマリーの赤ちゃん』みたいな恐怖の殺人赤ちゃんが主役のストーリー。トレーラーがあるので興味のある人はどうぞ。「it’s ALIVE」って黄色いフォントがバーンと出てくるところは70年代風でカッコイイです!  

 

 


それから!  8月に会員限定のSALEを行う予定。かなりのお買い得品もあるよ〜。8月1日の夜21時に、SNS(ツイッター&facebook)で「会員にメールを一斉送信しました」とアナウンスするのでチェックしてください。

 

 

そんなわけで苗場で遭遇したラモーンズ・ファン・クラブの会員の皆様やお友だち、お疲れ様でした。泥んこ道で声をかけてくれた方もいました。SNSでの応援もありがとう。それからラモーンズTシャツを着てきてくれた人たちもありがとう。ちょっと脱線するのでフジロック・ネタは自分のブログに書きまーす。以上、月曜日のニュース&ブログでした。

また来週〜!


YUKI