2020年に向けて新作グッズを制作中! カレンダー〜パーカーまで!!

 

 

 

 

師走で忘年会だ、なんだとバタバタしてくる季節。そして革ジャンの季節です。で、なんと1ヶ月後には『The Film & Talk show/ リバイバル』ですよ、皆様。 

 

 

今、チームKKKが最終字幕チェックなどをしてくれていますが、作業中に色々思い出したので、記憶をメモしてトークのネタを絞っています。2001年、ジョニー・ラモーン・シグネチャー・モデルのギターの撮影をした時に今回の貴重な映像を撮ったことは前回か来ましたが、探していたらポスターもあったので、当日持参します。これは映像の中でジョニーがサインしているもの。編集はもうほぼ完成してます。早く見てもらいたい。ジョニーのラスト・インタビューだから。でも部屋の様子もさることながら、ギターについて自分の言葉で語るジョニーの空気感やリアリティを味わってもらえると思います。

 

 

さて、2020年はオリンピックもあることだし、私もアクティブに動こうと決意!?  まずは新しいマーチャンダイズも制作してます。

ちょっと見せると例えばアクセサリー。こんなの作ってみました。ロングじゃなくても自分で工夫してブレスなりキーチェーンなりポーチやお弁当包む止めぐにしたり工夫して使ってください。ゴムもしっかりしてて丈夫です。

 

こんな風にメガネケースに使ってみました

 

 

このヘア・アクセサリー以外にも久しぶりに黒のパーカーを制作中。フロントはこんな感じでバックにはドカンとRFCJのロゴ入れました。40周年トートと同じロゴがバックにどーんと入ります。枚数はたくさん作りません。が希望者はパーカーに限り予約承ります。出来上がりは年明けなので、納品されたらお知らせいたします。

 

 

予約はramonesfcj@yahoo.co.jp 件名に「パーカー予約」と書いて送ってください。サイズと枚数も。私は業者に行って試着してきたけど、革ジャンの下に着られる薄手なのに少し起毛の生地で暖かいです。今回は黒のみ。会員・非会員、予約は誰でも可能です。だから枚数はたくさん作りません〜。1/12の浅草にも持参します。

 

 

 

最後にもう一つ ! !  初のカレンダーも制作中 ! !  こっちももうすぐ完成。来週にはお知らせできるかと思います。と、12月に制作して2020年はアクティブに動こうと思っているので、よろしくお願いします。1月12日の『The Film & Talk / リバイバル』に参加希望の会員は残席2。急げ〜。みなさん、寒くなってきたので風邪ひかないように。ではまた来週〜 !  

 

YUKI 

 

 

↓これはやっぱり2月だね。

 

 

 

 

 

「何にもしたくね〜 : I want to Nothing」by トランプ・ラモーン...てところでしょうか?!


 


先週の月曜日のニュースをアップできず、金曜日にアップしたことをまずお詫びして…すみません。
今日は日付を超えないうちに書きます ! ! まずはこれから ! !

 


先週火曜日のSNSのタイムラインに、やたらとこの歌詞の写真が出ていたけど、まさかRAMONESというバンド名が新聞の一面になっていたとは!?

 

 

 

 

トランプ大統領のメモが、まるで「ラモーンズの歌詞みたい」という話題から。これはトランプ大統領がウクライナとの関係の疑惑に対し記者を交わすためにポエムにして読んだというニュースで、この歌詞を使っていろんなバンドふうにパロディ・ソングがアップされていました。ソースはこちら。『I don’t Care』『I don’t walk around with you』と書きながらこの後に『I want to Nothing』と書いても確かに違和感はない(笑)  それよりも政治部の記者が、ラモーンズ風と形容してくれる時代になんだなと感心しちゃいました。ニューヨークのエンパイヤ・ステート・ビル周辺のバッタもんのお土産やさんがイーグル・ロゴでTシャツ(トランプ・バージョン)を作ってもこっちも違和感なさそ。因みにザ・スミスもモリッシー風で完成度高めです。

 


そして1月12日(日)に浅草で開催する『The Film& Talk Show』について。12月に入ったので「非会員の受付も開始します」とアナウンスしたいところですが、残席「3」となったので、この3席は当日券扱いで会員・非会員のどなたでも参加したい方に販売します。この当日券ならぬ前日券の販売は1月6日(月)、2020年最初のニュースでアナウンスします。なので参加したい方はこのニュースの後にメールをください。会員の募集は引き続き受け付けます。完売してしまったらごめんなさい。区の施設なので定員きっかりしか入れないのです。完売した場合のアナウンスはSNS(ツイッターとFacebook)そして、ここでもおしらせします。

 


このイベントの会場は墨田区の施設内、リバーサイド・ホールです。場所は浅草駅を出たらアサヒビールのビル(通称うんこビル・ごめんなさい)を目指してください。その、ま裏側に立っている墨田区役所の中にあります。Hey Ho Let’s Go to ASAKUSAですよ〜! そういえば前回の浅草イベントの時もトランプが来日していたアメリカンなスカイツリーでした。関係あるのか…!?

 

 

 


最後にまだ詳細不明ですが、ザ・シーナ&ロケッツの来年2月にリリースする新作には『Loudmouth』が入るという情報も到着。詳細はまたおしらせします。最近、会員の皆様がニュースを送ってきてくれてありがとう。全部は載せられないかもだけど、情報はいつでもお待ちしてます。

 


YUKI

 

 

 

あのアルバムのカメラマンの写真展から浅草イベント開催の理由まで

 

 

出遅れた金曜日のニュースですがご堪能ください。多忙の私のために、NEWSを提供してくれるRFCJ(ラモーンズ・ファン・クラブ・ジャパン)の会員さんのサポートありがたい〜。まずはその情報から。

 

 

©George-DuBose.com/classicrockphotography.jp

 


来月12月18日から2020年の1月19日まで『TOO TOUGH TO DIE』のトンネルのあのカバーを撮影した写真家ジョージ・デュボスを始めとするロック・フォトグラファーのグループ展(と呼んでいいのかわかりませんが…)が、銀座・三愛ドリームセンター8階「リコーイメージングスクエア銀座」で開催さます。ちょうど、今私の大先輩にも当たるシンコーミュージックの写真家、長谷部宏写真展も開催されているギャラリー。


ジョージ・デュボスさんは来日しないようですが、展示作品を販売するようなので要チェック ! ! 例えば午前11時からスタートなので、1月12日(日)に銀座で写真をじっくり見てから浅草のイベントに向かうというコースもあり。銀座〜浅草は地下鉄で15分くらいだからね。というお江戸ロック・堪能コースが出来そうな1月12日(日)の情報も書かねば。この写真展の詳細はコチラ

 


そしてチームKKKのKu-kunによる翻訳から字幕入れまでの作業は粛々と進んでいます。字幕チェックをするために今回の上映の注目アイテム「ジョニーの自宅でのインタビュー風景」をチェックしているけど、これ、本当に録っておいて良かった。ジョニーの性格が見えてきます。そしてギターについて話しているんだけど、すごく興味深いことを本人の声で話されるとやっぱり説得力がある。「最初はベースを買ったけど、どんなのだったかなんてもう忘れたよ」(by ジョニー) などなど、リアルなセリフがぽんぽん飛び出します。この映像は私が回しているので、少し雰囲気が緩い辺りも感じてもらえたらと思います。耳の穴かっぽじって見て聞いてください!!!

 


11月末まで会員の予約を受け付けますとアナウンスしましたが、今日現在で残席6となりました。このまま会員の予約を続けますが、完売しなかった場合は当日券ならぬ「前日券」をSNSでアナウンスします。特にツイッターに状況を流しますので、チェックしていてください。完売した場合もお知らせします。

 


ところでこの上映会、なぜやってみたか。それはこのファン・クラブの活動の目的と同じだけど、リアル・ラモーンズを知ってもらいたい為。レジェンドではないラモーンズをです。本当は革ジャンを着ている「RAMONES」の時の姿だけを見せるつもりだったけど、今はSNSでプライベート・ショットが出回ってしまっている時代。(ジョーイやジョニーが生きてたら、そんな写真が出回っていることがハッピーかどうかは分からないけど)  でも、それなら、RAMONESのイメージは壊さないで、プライベート・ビデオを見せて、時代とリアリティを感じてもらおうという理由から。しろーとの映像だけど、参加してくれる人は世界に日本でしか見れない動画。思いっきり楽しんでください。

 

今回、日程を半年前から決めたけど連休にして正解。佐賀、大阪、盛岡などなど地方から会員が来てくれるので、皆様に会うことも楽しみにしています。

 


YUKI

 

『革ジャンの教科書』に掲載されました。イベントの残席は10

 

 

 

まず最初にー! 

 

 

2020年1月12日(日) 浅草で開催するファン・クラブ企画『The FILM &TALK Show / リバイバル』のチケットの予約を【Members Only】で11/15(金)に全会員にメールしています。チケットは残り10席です。会員優先で11月末まで受けつけています。急げ〜 ! !

※会員で完売した場合は非会員の販売はありません、ご理解ご了承ください。

 

 

ラモーンズ・ファン・クラブの会員でメールが届いていない人、戻ってきているメールもあるので、連絡をお待ちしています。

世界初公開の会長のプライベート・ビデオに字幕をつけて上映します。ミニ・ポップコーン付きで2000円。詳細は先週のNEWSを参照してください。そのイベントの後に新年会もあります。ラモーンズ関連・景品付じゃんけん大会を予定✊✌

 

 

 

 

 

もう一つ、別冊Lightning『革ジャンの教科書』にジョニー・ラモーンの肩チェーンとUSピン・バッジが掲載されました。ラモーンズ・ファン・クラブ・ジャパンX革工房JACKが製作したこのジョニーの肩チェーンは、日本のラモーンズ・ファン・クラブの会員と私が歴史を調べてたどり着いて東ドイツの手錠です。革工房JACKの革製品は、職人の丁寧な処理で受注生産品。一点、一点、手作りで製作されている本格的な商品。この部分を評価していただき、今回も掲載していただきました。教科書というタイトルだけあって革ジャンについて学べる内容になっています。チェックしてください。(p143にジョニーの写真とともに掲載) 

エイ出版より。¥1,760(税込)(2019.11.14発売)

 

 

 

 

 

そしてジョニーとDeeDeeがNYで購入していたUS ARMY SHOP・カウフマンズから直輸入のUSピン・バッジのレプリカも絶賛販売中です。生産はストップしているので中古も見つけるのが難しいことからカウフマンズが製作したものです。USピン本日正午から販売します。ご購入はこちらから。以上、月曜日のNEWSでした。また来週。

 

YUKI.

 

 

 

 

      『革ジャンの教科書』に掲載されました

 

 

 

まず最初にー! 

 

 

2020年1月12日(日) 浅草で開催するファン・クラブ企画『The FILM &TALK Show / リバイバル』のチケットの予約を【Members Only】で11/15(金)に全会員にメールしています。チケットは残り10席です。会員優先で11月末まで受けつけています。急げ〜 ! !

※会員で完売した場合は非会員の販売はありません、ご理解ご了承ください。

 

 

ラモーンズ・ファン・クラブの会員でメールが届いていない人、戻ってきているメールもあるので、連絡をお待ちしています。

世界初公開の会長のプライベート・ビデオに字幕をつけて上映します。ミニ・ポップコーン付きで2000円。詳細は先週のNEWSを参照してください。そのイベントの後に新年会もあります。ラモーンズ関連・景品付じゃんけん大会を予定✊✌

 

 

 

 

 

もう一つのニュースは、ライトニング別冊『革ジャンの教科書』にジョニー・ラモーンの肩チェーンとUSピン・バッジが掲載されました。ラモーンズ・ファン・クラブ・ジャパンX革工房JACKが製作したこのジョニーの肩チェーンは、日本のラモーンズ・ファン・クラブの会員と私が歴史を調べてたどり着いて東ドイツの手錠です。革工房JACKの革製品は、職人の丁寧な処理で受注生産品。一点、一点、手作りで製作されている本格的な商品。この部分を評価していただき、今回も掲載していただきました。教科書というタイトルだけあって革ジャンについて学べる内容になっています。チェックしてください。(p143にジョニーの写真とともに掲載)

 

 

そしてジョニーとDeeDeeがNYで購入していたUS ARMY SHOP・カウフマンズから直輸入のUSピン・バッジのレプリカも絶賛販売中です。生産はストップしているので中古も見つけるのが難しいことからカウフマンズが製作したものです。USピン本日正午から販売します。以上、月曜日のNEWSでした。また来週。

 

YUKI.

 

 

 

 

リバイバル上映「ジョニーの最後のインタビュー」映像、絶賛⭐︎編集中 ! !


 

 

火曜日も終わろうとしてますが…ニュースの時間です。月曜日のニュースを死守出来ず、すみません。そして更にお詫びが…!?   会員からのメールがすぐに迷惑メールに入ってしまい返信や質問の返事が遅れてしまいました。どうやらスマホのiphoneの1番新しいバージョンはそうなる可能性があるらしいことを知りました。ヤフーのメアドすら、迷惑メールに入ってしまった状況。新入会の会員やメールをくれた皆様、ごめんなさい。しばらく迷惑メールと受信箱と両方しっかりチェックします。

 

 

 

 

さて、2020年の1月12日(日)の【The Film&Talk / リバイバル】の編集作業も着々と進んでいます。新たに追加するフィルムは、ジョニーの自宅で自分のシグネチャー・モデルのポスター撮影をするためにLAへ行った時に撮影した映像。これ、尺が13分弱あるので、ちょっとしたショート・ムービー。だから字幕を入れることにしました。ギターに関して話しているところなんて、あまり見たことないはず。 でも今回ばかりは自分のシグネチャー・モズライトだから、ギターについて語ってます。

 


もう一つ。インタビューとはこんな感じで行われているのか…というのも覗き見感覚で見てください。特にインタビュー嫌いのジョニーがまあまあ一生懸命にギターについて答えているので、レアです(笑) 私はレアな絵が撮れそうだなぁと思ってジョニーの家にビデオを持って行ったんだけど、というこのことは当日の「トーク」で話しますね。字幕付いてる(はず)だから今回は安心!

 

 

リバイバル上映が確定している内容はコチラ↓
ーーーーーーーーーーーーー
◉1993年  NYのリハーサル・スタジオで音合わせをするラモーンズ(隠し撮り w)
◉1993年  NYの路上を歩くジョニー
◉1994年  通算2000回記念公演(東京)の日を追った当時の楽屋の様子
◉1995年  最後の日本公演のオフを楽しむメンバー
NEW !!

◉2001年  LAのジョニーの自宅とモズライトについて話すインタビュー中のジョニー
ーーーーーーーーーーーーー

 


今回はピザかポップコーンを用意したいんだよね。ラモーンズだから、やるなら徹底意的にラモーンズで。本当はピザなんだけど、ちょっと参加者の意向も取り入れながら(!?)用意したいかな。どうせ遊びなんだから楽しまないと。前回のグッズやネタをアップデートしていく形にし、トークも同じこと話してもつまらないというか話せないので、説明はするけど、そこもアップデートします。

 

 

この【The Film&Talk / リバイバル】の申し込みはまずラモーンズFCの会員から先に受け付け開始します。11月15日(金)の21時に一斉メールを送りますのでそのメールに「参加します」と返信してください。今週の金曜日の夜のメールを待て📨。 それからこのイベントの後に新年会もあります。こちらの参加もメール・ニュースでおしらせします。パソコンからのメールを受け取れる設定にしておいてください。

 

 

それから、雑誌『ライトニング』の革ジャン特集で再びラモーンズ・ファン・クラブ制作のジョニーの肩チェーンが取り上げてもらいました。革工房JACKとの共同制作品は「品質も良い」と太鼓判いただきました。詳細はまたおしらせします。FROM USA🇺🇸直輸入の『USピン』の販売も、11月15日(金)から開始。いよいよ革ジャンの季節到来だね〜。

 

 

それでは金曜日(15日)の夜にFCメンバー、全員にメールします。

 

 

YUKI

 

年明け上映決定『The FILM & TALK Show』詳細と『マニア』に更新で貴重な映像発見

 

 

 

今日は、1月12日(日)にリバイバル上映する『The FILM & TALK Show』の中身についてを詳しく書きたい ! ちょっと長いけど読んで〜。

 

 

2019年5月に開催したVol.1はあっという間にチケットが完売。あの時に見れなかった人たちや「もう一度見たい」というファンのために、我が家がプライベートで撮影してきたプライベート映像を押入れから引っ張り出して上映するという試みをリバイバルします。そして今回、内容は少し変わり「新たな映像」が加わります。これ、私も18年振りに見ました。

 

 

その前に…どうしてこの上映をやろうと思ったか。ラモーンズはバンドのイメージをユニフォーム(革ジャン)を着てきちんと固めていたバンド。それを崩すのはジョニーの意思ではないだろうとも思っていた。ジョニーの妻リンダがLAに引っ越してからこんなことを言っていて「ジョニーとスーパーに行き買い物袋を持っていた時に、ファンに出くわすと私に袋を持てと言ってファンの前ではラモーンズらしからぬ姿を見せないようにしていた。ただの袋なのに私に持たせるのって思ったわ」というエピソード(笑)。こんなに徹底してたから、プライベートを公開するのはちょっと...と思ってた。

 

 

でも亡くなったメンバーの本意ではないと思うが、SNSにラモーンズのプライベート写真が流出し(ハロウィン・コスチューム姿が流出することが…)、もうボーダーが無くなってしまったというのも実はきっかけの一つ。もう一つはファン・クラブを運営している理由とも重なる「レジェンドではないラモーンズを伝えていきたい」から。ラモーンズの評価は、アメリカのレジェンド・バンドにどんどん崇められて変わっていくし、実際にレジェンドだけど、NYの汚い路地(すら消えつつあるが…)のレンガの壁前の写真でデビューしたデッキ・シューズと破れたジーンズのバンドの本意はどんどん伝わらなくなるだろうなと。

 

 

何度も来日して解散するまでのラモーンズを「日本のファンと繋がっていたい」と、このファン・クラブを作ったメンバーの意思を継続して今もやっているので、立ち食いそば屋にも行っていた普通のラモーンズを今も伝えたい。レジェンド・ラモーンズは後でいいかなーと(笑)  そんな理由でこの上映をやってみようと決めました。プライベート映像なのでスーパー貴重 ! !他の国のファンが羨ましがる映は日本にあります。youtubeを探しても見れない映像の上映会です ! ! 

 

 

今回追加する肝心の内容は、「ジョニーの生前最後のインタビューの姿@ジョニーの家」です。これはモズライト楽器のFILLMOREがジョニー・ラモーン・モデルをリリースが決定した時に取材しにLAに行った時に私が勝手に撮ったもの。ギターに関する基本的なことを語っています。この時のエピソードは当日会場で話します。今、話ている言葉を伝えたいので、字幕をつけて上映できるように準備しています。これはおそらく引退後に日本のメディアに向けて登場した最後の記録だと思います。その時の私とのやり取りも当日話します。

 

 

 

 

前回の上映からはカットされるものもあるけど、このジョニーの自宅の風景と語る映像は14分は丸々入れる予定。その他の貴重な「NYのリハーサル・スタジオの練習風景」などは削除せず残しました(私の本意ではないですけど…汗) その他の詳細は「会員全員へのニュース・メール」でお伝えします。メール後にメールしましたのお知らせもここにします。1月の3連休の真ん中なので、地方からも来れると思います。夕方には終了しその後新年会の予定もあるので是非、遊びに来てください。

 

 

  本日のニュース、もう一つ ! !  I’m RAMONES MANIAのページを更新しました。今回登場してくれるのはHMバンド、RIOTのベーシスト、ドン・ヴァン・スタヴァン(通称ドニー)さん。このインタビューで、1980年代後半の活き活きしていた頃のジョーイの映像を発見。その映像も貼り付けました。ブラック・サバスとラモーンズが好きで愛娘とインスタに映る姿はちょっとCJに似ているなと微笑ましい。そんなRIOTのベーシスト、ドニーさんのインタビューもお楽しみください。

 

YUKI

 

 

 

 

 

 

 

ハリウッド・フォーエバー・セメタリーの最新ショット!?

 

 

遅い夏休みとって、THE WHOをハリウッド・ボールまで見に行ってました。こっちの話は自分のブログに書いたので興味のある人はコチラをどうぞ

 


ハリウッドまで行ったので、もちろんお墓参りもしてきので今日はハリウッド・フォーエバー・セメタリーの最新ショットです。

 

 

今日のジョニーのお墓の写真はレア・ショット!?  なぜかというと、ジョニーにこれを渡してきたからです。RFCJのピック。いいでしょ?  このピック、裏にDURANGO95とプリントされているのでここに置いてきたかった。行ったことのある人もない人も、何となく日本と繋がった!?

 

 

 

 

ジョニーのお墓の隣にはサウンドガーデンのクリスコーネルのお墓があることはもう知られていると思うけど、このあたりロック・ファン、パンク・ファンのちょっとした和みの場になりつつあるなという感じ。この日もロックTを着たファンがたむろしていて「静粛なお墓」というムードはない。まあここ映画上映なんかのイベントもやるお墓なのでムードはいつも明るい。カリフォルニアだしね。ニューヨークのジョーイのお墓も素敵で清々しいんだけど少し違います。2021年に予定している聖地巡礼ツアーVol.2にLAをつけるかどうか考えているんだが、やっぱりここに来たいよね。次はROXYや『ロックンロールハイスクール』の映画関連の場所にもっと行きたいと考えていたりします。まだまだ未定。。。

 

 

というわけで、この「ピック欲しい」の声も多いのでまた作ります。今回アメリカ土産はたくさんゲッドできなかったのでラモーンズ・グッズばかりを詰め込んだ『FUN PACK』は作れないけど、TシャツやUSバッジはゲット。今週中にオンライン・ストアで★FROM USAグッズ★販売を開始するのでお楽しみに。

 

 

 

 

最後にちょっと変わった曲の紹介。歌のタイトルが『RAMONES  Tシャツ』という曲。オーストラリアの女性シンガーのハート・ブレイクでも強く生きるわ的な内容の曲らしい。。。ラモーンズTを着れば癒されるわ〜ってことかね?  (笑)

 

 

ではまた〜。

 

YUKI

 

 

 

マーキーの新しい商売はコレ ! ! ハリウッドでお墓参りやラモーンズ物ゲットしてきます

 

 

 

 

こんにちわ。今日は日付を超えた方が何か良いことありそうなニュースの時間!?

 

 

以前一度、記事にした気がするけど、HPでラモーンズ・ファンが集えるお店の紹介ページを制作中です。全国のラモーンズに強いBARやお店を募集します。BARから雑貨屋、どんなお店でもOK。取材するので教えてください。そんなBARに是非置いてほしいビールがこちら〜

 

 

コンドームからデニム、アイスクリームからパスタ・ソースと商売上手なマーキーの2019年秋の新商品はビール ! ! 南米ツアーを前に、アルゼンチンの会社からマーキー・ロゴ入りビールとグラス(も付いている模様)をセットで販売中。この会社おそらくファンが経営している模様。サイトのURLがピンヘッドだ。これPOPで可愛いね〜。日本は今のところ販売はなし(泣)。「国ごとに検討して販売していく」と言ってましたbyマーキー。販売元はコチラ

 


明後日からLAにいるので一応探してみます。パスタソースもLAで手に入れることができたしね。ゲットできたら2020年1月12日の新年会でみんなでテイスティングみたいにして飲んでみよ〜🍺 ビールがゲットできなくても新年会には何かしらのハリウッド土産を仕入れてくるのでお楽しみに。こうゆうのは探すのも楽しいのよ。

 

 

 

それにしても...このNEWS & BLOGを書き初めてから、日本は毎週、災害のことを心配しなければならない国だってこと思い知りました。毎週書いてる、そのことを...。今週末はまた大型の台風が来るようなので、皆様どうぞ気をつけて。それから来週(14日)のNEWS & BLOGはお休みします。ハリウッドにラモーンズに関する面白いネタが転がってたらツイッターやインスタにはアップする(かも)なのでチェックしてください。もちろんお墓参りも行ってきます。

 

 

 

 

来日していたRIOTのドニーさん(b)と少し話せたんだけど、CAT CLUBのことを聞くと「ジョーイがDJブースのところから、HEYドニー! と名前を呼んでくれたんだ。とても嬉しくてさ」と。このエピソードを聞き、ジョーイが来日中にボブ・ディランの楽屋に行った時に「HEYジョーイって名前を呼んでくれたんだ」と喜んでいたエピソードと重なった。

 

 

ヘヴィ・メタル系のミュージシャンの話からは、特にジョーイがニューヨークで85年以降スラッシュ・メタル・シーンに興味を持ってよくクラブに通っていたので、当時の行動やエピソードを発見できて面白い。私は音楽雑誌の出版社にいた頃で、ジョーイはよくスラッシュ・メタル・バンドの楽屋で一緒に写真を撮っていてそれが売り出されていて「いろんな場所によく出没するな」と思っていた。ラモーンズの営業担当ってところだが、間違いなくジョーイの愛されキャラだ。

 

 

ラモーンズは=CBGBがイメージだけど、実際にNYのライヴ・ハウスはそれだけじゃない。特にジョーイのアパートの近所のイースト・ビレッジはクラブだらけ。ジョーイはこのCAT CLUBで(確か)水曜日のDJだった。85年はパンク・シーンはとっくに終わっていたから、他のシーンに興味がないパンク周りからは新しい発言・ネタをゲットすることができないんだけど、ジョーイのことは、ドニーさんみたいな人が話してくれると絶対にまだ知らないネタがこのあたりにはありそうで面白い。ドニーさんはジョーイのお墓参りにも行ってました。今翻訳してもらってます。Just a moment...please!

 


日本は今10月8日になりました。少し早いけど、HAPPY BIRTHDAY JOHNNY and CJ 〜🎂

 

 

今日は何を聴こう?  NYのライブ盤のbootleg 1987年頃にしようかな。もしかしたらまた来週(か再来週)

 

 

YUKI

 

 

 

⬇️ロック・フィギュアの広告入りました⬇️

 

 

 

 

 

 

お知らせ& I'M RAMONESMANIA 29に登場は...

 

 

 

 

今日はお知らせあれこれで行きます。

 

 

まず発売延期の『It's ALIVE (40th Anniversary Deluxe Edition)(4CD+2LP)』ですが、今週の金曜日(10/4)に発売されそうです。

ハイウッドのamoeba Recordsではもう店頭に並んでいるので、このまま日本にも契約枚数は入ってくると思われます。

 

 

 

そしてオーストラリアから日本に寄り道できず(泣)、アメリカへ戻ったCJ御一行、オーストラリアではAC/DCのボン・スコットの銅像前で記念撮影してました。羨ましい。。。こんな風にリアルタイムの情報はメンバーのインスタをフォローすると楽しいですよ。

 

 

 

 

 

そして遂に消費税が10%になってしまいましたが、オンラインストア、現在商品のリニューアル中。システムもいろいろとできる範囲で進化させたいと思ってます。私の都合で申し訳ないんだけど、10月10日から21日までオンラインストアはお休みします。注文していただいてもOKなんですが、発送を私が担当しているので発送は10月22日からとなります。この10日間はTHE WHOのツアーを観戦に行ってるんだけど、LAではRAMONESに関するネタも拾ったり、買ったりしてきますよー。マーチャンダイズもゲットしてくる予定なので、帰国したらUSA土産やたくさん買えたら「FUN PACK 第2弾」も企てます。帰国をお待ちください。尚、対応はできないけど、注文していただくのはOKですので。LAにいる間はSNSでお墓まいりやら、何やかんやとアップするかもしれないので、チェックしててくださいね〜。LA発信のSNSはRFCJのインスタとツイッターで行います。

 

 

 

 

最後に、RFCJのI'M RAMONES MANIA用に打診していた、もうすぐ来日するHMバンド、RIOT(ライオット)の実質リーダーでベーシストのDonnie Van Stavern より送っていた質問の答えが到着。90年代にジョーイのアパートのすぐ近くにあったCAT CLUBというメタル系のロケンロール・バンドがたむろすライブ・ハウスにジョーイは出入りしていて確か水曜日はDJをやったりしていたんだけど、、、パンクのネタじゃないのと、ラモーンズといえばCBGBに直結してしまい、他のライブハウスにも結構ジョーイは出入りしていた事実があまり伝わってこないんだけど...これを証言する「ジョーイとはCAT CLUBで会った」というセリフが登場し個人的にかなりエキサイトしました。「ラモーンズとブラックサバスのカバー・バンドをやっている」などなど面白い話はすべての対訳が出来上がり次第、HPのMANIAのコーナーに掲載します。しばしお待ちください。MANIAはリクエストも受け付けているので、この人に話を聞いてきてという人がいたら国内外問いません、メールください。私個人的にはとにかくモリッシーにジョニーのことを聞きたい。彼はスミスでデビューする前はニューヨークドールズのファンだから、その辺りのことも聞きたい。積極的にアプローチしてみたいと思います。

 

 

では、また来週〜。

 

YUKI