ジョーイの誕生月、5月のニュースです。CJのインタビュー(訳)を追加しました。

 

 

 

 

 

 

5月10日に新作『The Holy Spell』をFat Wreck CordsよりリリースするCJ。新作のレコーディング・メンバーは、アドレセンツのDan Root(G)、日本公演のツアー・メンバー、Nate Sander(G)とPete Sosa(Ds)、プロデューサーはNew Found GloryやAtreyuoを手がけたウエストコースト在住のPaul Minerと制作。アルバムは2015年の日本公演にも帯同したアドレセンツの故Steve Sotoに捧げた「Rock On」などが収録されていて、現在、視聴可能な曲はこの『STAND UP』『Blue Skies』の2曲。個人的には『天国からのポストカード』というタイトルの曲が気になっているけど歌詞カード入りで輸入盤扱いでもリリースして欲しい。国内盤の発売は残念ながら未定。ファン・クラブでも5月末の長いツアーがスタートする前にインタビューは打診中です。

 

 

 

 

そのCJが、最近の話題について話している電話インタビューがとても面白く良い内容です。(もちろん英語だけど)、勉強だと思って24分間ぜひ聞いてみてください。カニエやジャスティン・ティンバーレイクがラモーンズ・ファン?? という話から引退についての正直な発言も!!?  この引退に関する言葉はとても正直。大事な部分だしファンに読んで(理解して)もらいたかったので、プロにリスニングをお願いし書き起こしてもらいました。big thank you Shokai-kun. 質問は「作品をあと1枚作ったら引退するのか? 」に対するCJの答えです。

 

 

CJ : 俺はツアーを少し軽減するだけさ。音楽については、あれこれ続けるよ。でも他にもしたいことがあるんだ。そして、それにはそれ相応の時間が必要なんだよ。だから今までのように音楽だけに時間を割くことはできないだけ。この2年間でやってきたようなツアーのようなことはもう続けられるかどうかわからないと思っている。ツアーが自分に打撃を与えたのは間違いがないし、その他にもやりたいことがあるんだ。船長の免許を取得して船を手に入れたい。海岸線を上の方まで旅して、海上で何週間も過ごしてみたいんだ。それがずっとやりたかったことなんだ。だから、船長の免許を取得して、お金をかき集めて、良いシーガル船を手に入れて、数名かき集めて、海上に出て釣りをして数週間過ごしてみたい。他にもこのような感じのことでしたいことがまだある。10月には54歳になるし、体力的に要求されるような事をする時間は少なくなってきている。だからそういった事を出来るうちにしたいんだ。もう二度とレコードを作らないとは言わないし、コンサートで俺を見ることはできないとは絶対に言わない。言える事はツアーが自分の体力面に打撃を与えているということかな。だからこれまでやってきた事を少し整理して、もっと自分を労わる時間を作ろうと思っているんだ。

 

このセリフからファンの事を気にかけながらも、自分の今後の人生を見つめ直すCJの姿を想像できました。steve sotoの死も影響しているのかもだけど、ラモーンズのメンバーは引退後の人生を満喫する間もなく逝ってしまったので、CJには自分のために時間を使ってもらいたいと個人的には思ったり...でもやっぱり少し寂しいかな。インタビューの一部ですが掲載してみました。

 

 

 

 

一方ニューヨークでは今年もジョーイの誕生日に『Joey Ramone B-day bush 2019』が開催される模様。MCにイラストレーターでPUNKマガジンのジョン・ホルムストルム氏やツアマネのモンテ・メルニックも登場!?  今年はCJも参加。The Dictatoersのアンディ・シャーノフらが出演。CBGBのあった場所、バワリー地区での開催と、少し規模を縮小した印象はあるけれどジョーイ・ラモーン・プレイスのあたり、アットホーム感は増しそうだ。配信に期待したい。

 

 

 


そして東京・浅草で5月26日に開催する完売御免イベント、『FILM & TALK SHOW』の準備も着々と進んでいます。

 

今回このイベントをサポートしてくれるW-K君、二人に関しては私のブログで紹介しますが、映像をカッコよく見せるために今、我が家のスナップ写真を映像の間に挟み込む作業をしてくれています。スナップ写真とは?  それはもちろん1990年代にコンパクト・カメラで撮影したラモーンズの写真です。フィルムも貴重だけど、スナップ写真も貴重なのでまばたき禁止(笑)  この浅草企画、成功したら映像持参で地方巡業に行きたいし今回見損ねた会員のためにアンコール上映も検討中。サポーター、協力者、求む。まずは浅草で。貴重な映像とスナップ写真を堪能してください。 PS. そしてニュースをもう少しマメにアップせねばと思い、今月から毎週月曜日(今日は火曜日だけど...)にニュースをアップする努力をしたいと決意したのでおしらせします。頑張ります。 by YUKI

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フィルム&トークショーチケットの購入方法

 

 

 

 

このイベントの予約受付は予定枚数に達したため、終了いたしました。

ありがとうございました。

 

 

 

 

会長のプライベートビデオを公開するフィルム&トークショー【The FILM & TALK show】チケットの購入方法です。

参加申込み希望の方は、以下の項目を記入の上、RFCJまでメール(ramonesfcj@yahoo.co.jp )まで送信してください。
件名に必ず「浅草チケット・一般」と記入してください。

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【The FILM & TALK show】予約申込みフォーム
◉参加者・全名前 :
◉会員番号 : 非会員
◉参加人数(友達も1名まで可能) :
◉住所・電話番号 :

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


申し込んでいただいた当日中に、RFCJより折り返し《予約番号・送付方法》を返信します。パソコンからのメールが受信できるように設定しておいてください。体験組も未体験のあなたも1995年にタイムスリップしましょう!

yuki / RFCJ

 


ーーーFILMのコンテンツはこちら♡ーーー
◉1993年  NYのラモーンズのリハスタで音合わせをするラモーンズの様子
◉1993年  NYの路上を歩くジョニー
◉1994年  通算2000回記念公演(東京)の日を追った当時の楽屋の様子(プロショット含む)
◉1995年  最後の日本公演地・大阪公演とハード・ロック・カフェでのパーティ
◉1995年  最後の日本公演のオフを楽しむメンバー
◉1995年  最後の日本公演を終え関空へ向かうメンバーと空港でチェックインするメンバーと見送るファンの様子など
◉ジョニーがVHSテープに自らセレクトして編集したラモーンズのライブ映像など
ーーーーーーーーーーーーー

 

 

 

1993〜95年にタイムスリップ : ラモーンズの時代をバーチャル体験しよう

 

 

 

5月26日(日)に隅田リバーサイド・ホール : ミニシアターで開催するRFCJ <ラモーンズ・ファン・クラブ・ジャパン> 企画【 The FILM & TALK show 】の詳細を発表します ! ! !

 


今回公開する映像のほとんどは、youtubeはもちろんネット上には出回っていません。それはその映像の全てが、我が家のホーム・ビデオで撮影してきたものだからです。そのプライベート映像を2019年遂に公開することにしました。さらに生前、ジョニーから送られた来たVHSビデオ・テープの中から「ジョニーがセレクトした曲」のライヴ映像も流します。
公開するプライベート・ビデオのコンテンツはコチラ ! !

 

 


◉1993年  NYのラモーンズのリハスタで音合わせをするラモーンズの様子
◉1993年  NYの路上を歩くジョニー
◉1994年  通算2000回記念公演(東京)の日を追った当時の楽屋の様子
◉1995年  最後の日本公演地・大阪公演とハード・ロック・カフェでのパーティ
◉1995年  最後の日本公演のオフを楽しむメンバー
◉1995年  最後の日本公演を終え関空へ向かうメンバーと空港でチェックインするメンバーと見送るファンの様子など
◉ジョニーがVHSテープに自らセレクトして編集したラモーンズのライブ映像など

 

 

 


これらの短編映像のコンテンツごとに私が当時の様子をショート・トークしていく150分。ラモーンズを知らない、未体験の人もこの映像を見れば、タイムスリップしたような感覚で疑似体験できるはず。編集中の自分も見入ってしまうほど、メンバー同士の会話、距離感が生々しいよ。ほんと。。。書籍『I Love RAMONES』で書いたことが、映像で表現されていると捉えてもらえれば分かりやすいかも。プロが撮影してないことが、当時のリアリティをより生々しく伝えているんじゃないかと思います。

 


ジョニーがセレクトして作ってくれたラモーンズの映像は1977〜78年の映像などがあり、この辺りはyoutubeにも上がったことはあるかも。でも見たことある・なしの価値ではなく、本人が「この曲の演奏を気に入ってセレクトした映像(曲)だ」というところにポイントを置いてみてほしいです。ジョニーが作ってくれたビデオなので。そんな風にジョニーの思考を受け取れる疑似体験にもなる。

 

 


当日は会場に2000回記念フラッグも飾ります。これは著書『I Love RAMONES』の中にも掲載した私が一夜漬けでマジックで書いたフラッグです。このフラッグの逸話も当日トークします。他にも今回の映像に関係する写真も公開します。場所は浅草駅から徒歩5分(アサヒビールのビルの裏)隅田リバーサイド・ホールの中にあるミニシアター。区の施設ですが飲み物・食べ物は持ち込み可能。ただし掃除をして元の状態にして返却する事が条件なので、参加される皆様、綺麗に使ってくださいね〜。そしてせっかく浅草なので、ラモーンズが公演した常盤座がどこにあったのかの地図と裏話しも。帰りに仲見世寄り道がてら聖地巡礼ツアーも良いかも。

 

 

 


シアターはちょっとした映画館並みに綺麗でシートも座りやすい50席。会員から受付開始で非会員の方の参加もOK。先着順の自由席。お友だちとお楽しみください。13時からスタートし15:30終了予定 (その後掃除が待っています・笑)

 

 

ラモーンズを知らない世代のためにどうやったらリアリティを伝えられるのか。当時会場にいた私の世代も楽しめる企画は何だろう…と考えた末に「もう見せてしまってもいいのかな…」と我が家の映像を動くラモーンズを公開することにしました。東京で開催する今後の予定は未定。詳細は明日ここに書きます。

 


あの頃をバーチャル体験してください。GABBA GABBA HEY!

 

 

YUKI

 

 

 

 

 

NEWSコーナー、リニューアル!

 

 

 

お待たせしました ! こんにちわ、会長の畔柳ユキです。ニュース・ページをリニューアルしました。スタッフのヤーボ君がかっこいいページを作ってくれました。新たにスタートするこのコーナーのタイトルはNEWS AND BLOG。ラモーンズに関するNEWSと私が書きたいと思ったラモーンズ・ネタを書いていくというページです。ラモーンズ・ファン・クラブの存在理由は、私(しか)知らないこと、私が知っていることを知らせる場、ファンの拠り所、メインはそこで、ディスコグラフィー的なネットで調べれば見つけられるトピックには、今はあまり重点を置いていません。

 

NEWS  AND BLOGでは日本に関するNEWS、またはこれはネタとして記録しておこうと思ったものを私の独断と偏見でピックアップして掲載します。宣言したけど仕事が立て込むと滞ることもあるので...どうか大目に見てください。

 

 

最初のNEWS : ファン・クラブ企画【THE  FiLM AND TALK⭐︎show⭐︎】のお知らせ

 

遂に我が家の禁断の押入れから、VHSビデオテープの入った段ボールを取り出しました。そして既に今まで家庭用のビデオで録った映像をDVDに落としました。これらの未公開プライベート映像をファン・クラブの皆さまに公開します!  映像はプライベート・ビデオからジョニーがNYから送ってくれたVHSのライヴ映像、アルゼンチンのラスト・ツアーの様子、1995年の大阪の最後の公演のライヴなど。どれを流すかを電撃編集中 ! ! w  楽屋の映像からニューヨークを歩くメンバー(一瞬・笑)など、これこそが本物の未公開映像 ! !    5月26日(日)は、浅草駅から徒歩数分の区の施設【隅田リバーサイドホールのミニシアター】をお借りして上映します。このシアター、区民施設とは思えぬ立派さでびっくりするよ。

 

浅草はラモーンズも足を踏み入れた場所。1991年浅草・常盤座公演で確実に浅草に行ったのです。常盤座のあった場所は5月26日のイベントの時に地図を公開するので帰りに是非、聖地巡礼してきてください。

 

 

イベントの詳細は4月4日にここでアナウンスします。こんな感じでNEWS AND BLOGスタートです。

 

よろしくお願いします。GABBA GABBA HEY!

 

YUKI